My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーダー家具のすすめ
今日はオーダー家具のおすすめ店として、
お世話になっている家具屋さんを紹介します。

オーダーメイドの家具 東京板橋の工場直営セレクトショップ 木香家
木香家
http://www.mokkouya.jp/



2階リビングの使い方を考える上で、かみさんと意見が食い違った
6人掛けダイニングテーブル。
Diner
私が子供のころに北海道で使っていたもので、
椅子とともに30年以上使ってるキツツキの家具。
工藤建設本社そばの、昔の本物ラップサイディングの
ハンバーガー屋さんにも偶然同じものがあり、
店主と話しこんだりしました。


でも夫婦2人に必要なしとなり、しまいこむことにしました。
 (捨てろと言われましたが、捨てられません)
なので、当初H設計士に造作カウンターをお願いしていました。

打ち合わせまでに時間があったある日、
SRそばの輸入家具屋さんで時間つぶし。
その別棟にいろんな種類の無垢ダイニングテーブルが展示されていました。
そこで私の目をくぎ付けにした1台がモンキーポッドでした。

それからというもの、モンキーポッドの無垢材を探しまくりました。
木場の材木屋さんや、IDC大塚、家具屋さん多数、
ネットでは全国の製材所や銘木取扱会社を延々と探索。
でもなかなか2メートルを超える無垢の乾燥材が見当たりません。

ずいぶん探した挙句、結局自宅の近所で見つけた手作り家具屋さんが 
木香家さんでした。


家から自転車でも行ける板橋区常盤台にあります。
工藤建設練馬SRしかり、
探しているものは意外と近くにあるようです。

そして今回、偶然や、近所のいい出会いに恵まれています。


店内には多くの種類の銘木のストックが。
そのどれもが逸材で乾燥材。お店の近くには家具工場。
店内のテーブルも、すごく居心地の良い逸品。
奥のギャラリーにもすばらしい家具や小物が置いてあります。
手始めに黒檀の手作り箸を¥2,000で頂きました。
すごく使いやすく、手放せなくなりました。

店内に探していたモンキーポッドの2.4Mの乾燥材が3本ありました。
価格はまちまちですが、ネット相場よりお安い。
その中からさらに一番安いものを選びました。
値段の理由は、天面に、木目によるくぼみがあるため。
でも、木目の表情や形はこの1本が一番気に入り、
穴を承知の上で破格で譲っていただきました。
もちろん、加工代金は別です。


石塚社長、すごくいい方です。
偶然にも、マウイでお世話になっていた
プロウインドショップのオーナーの御親戚であることが分かり、
さらに話に花が咲いて2時間ほど滞在。


2回目の訪問は自転車で。
社長と一緒に、木香家が内装施行された中板橋のパブで乾杯。

ビアパブレストラン リバーサイド
Riverside
http://riversidebeer.com/index_p.php



3回目のご訪問で材料代をお支払いし、
リビングの平面図を見ていただきました。
設計図としてはただ一枚で、情報料は多くないのに、
こんなスケッチを描いていただきました。
10015.jpg

ほぼイメージ通り。


新橋にあるアトムリビンテックのショールームに
5メートルの大テーブルを納入されています。
atom

木香家 石塚さん
オーダー家具をお考えの方に、自信をもってお勧めします。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
うちのねこ
着工前の喜びや苦悩を記録していますが、
さすがに支給品紹介も飽きてきました。

今日はうちの猫たちです。

今も完成後も人間は夜、寝に帰ってくるだけ。
そう考えるとまるで
猫の為に家を建て替えるようなものです。

この猫たち、メインクーンという種類で、
家猫の中では世界最大の大きさだそうです。
アメリカのネズミ捕り猫。トムとジェリーのモデルといわれてます。
昔マリーアントワネットの船にもぐりこんでMaine州に土着したとか。
いくら
一番小さい女の子でも7キロオーバー。
2キロ位の夕張メロンが5個入るこの箱でもミチミチです。


仮住まいへの引っ越しまであと2週間。
少しずつ荷物をかたずけています。
ダンボ
猫の手ほど借りても使い物にならないものはありません。


小さな家ですが、20年近く住んだ荷物は大量。
昨日は屋根裏の荷物をかたずけていました。
屋根裏部屋ではなくホントの天井裏。

そうしたらこのオスども2匹が天袋に大ジャンプした上
ほこりだらけの屋根裏で運動会。
大好きなささみおやつの魔力も利かず、
足裏真っ黒になってしまいました。

メル

異変を感じ取っているのか、猫も少しそわそわしてます。

今の設計にキャットウォークとか、猫ドアは入ってないんです。
住み始めてから少しずつ考えようと思います。

coco

頼むから仮住まいに引っ越すとき、
脱走しないでくださいね。





にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
無垢のカウンター 制作着手
この3連休はフローレンスガーデン練馬SRで最終打合せ。
一連の工程がS所長、H設計士からA監督に引き継がれました。

建国記念の日は板橋の注文家具、「木香家」さんでモンキーポッドカウンターの制作に着手。
IMG_8649.jpg

これから一生食事に使うダイニングテーブル兼カウンターの制作を一緒にさせていただくことに。
これは一生の思い出になります。

ここが木香家さんの家具工房。
ここで全体サイズと木目、カットする部分の確認。
IMG_8652.jpg

墨付け
IMG_8656.jpg

切断 (墨の上をフリーハンドで裁断、あえて裁断機を使わず、あくまで手作りです。)
IMG_8672.jpg

700 X 2400 のカウンターの切り出しが終わりました。
手前は多めに耳を残しました。奥は少し耳が残るくらいに。
IMG_8690.jpg

裁断後、しばらく木が動くのでこの状態で2~3週間寝かせます。
落ち着いたところで、サンディングと仕上げ、3月の中旬以降に
また一緒にオイルを入れさせていただくことになりました。

この木 なんの木 気になる木

次回、どんな姿になっているかが楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
鎧下見張り
床鎮めの儀が終わった今週、今のところ現場に動きはありません。
カウンター同様、土が乾燥し、安定するまで寝かせているのかもしれません。

2/20日の給料日に工藤建設に2回目の支払いをしました。
昨年5月時点の契約金額の30% + これまでの追加変更金額の半分。

約 新車1台分。

到底この日の給料では足りず、数年ぶりにまた借金の身になりました。



書くことがないので、昔話など。

わたくし、生まれは北海道のとある鉄の城下町。
大規模な社宅はこんな感じでした。
chiribetsu.jpg

syouwa.jpg


15で親元を離れ、函館で寮生活。
この学校もピンクの鎧下見張りでした。
lasalle.jpg

色気の出始めた高校時代、
函館元町でデートなんて憧れだったものです。
hakodate1.jpg

motomachi.jpg



今考えると私がラップサイディングに抱くノスタルジアは
こんな成長過程が影響していたのかもしれません。



ちょうど時同じく工藤建設で2軒目を建てられているJIROさん
前回は窯業系のラップで、今回はリアルウッドのラップを採用されてます。

 これがかっこいいんだな―。

ちょっとソロバンはじいてみましたが、我が家は予算的に無理でした。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
無垢カウンターの仕上げ 前編
着工49日目。
基礎のコンクリートは金曜日にうたれました。
天気が大荒れになる前にしっかり硬化してくれたようです。
暴風雨に備え、風で飛ばされそうなものはしっかりと
鎖で固定されていました。

この週末は、注文家具工房 木香家さんにお願いしていた
モンキーポッドの無垢カウンターの下塗りと中塗りを御一緒させていただきました。

前回の裁断から約1カ月、石塚社長に仕上げをしていただいた状態がこちらです。
DSC_8189.jpg

DSC_8191.jpg

面取りと表面仕上げ

乾燥による割れの仕上げ

ひびはこのまま個性として使います。
この世に2つとない形ですから。

下塗り用オイルは天然素材の亜麻仁油とかいろいろのブレンドで
かなり粘度は低めのもの。
なめても大丈夫との事で味見もしてみました。

DSC_8193.jpg

DSC_8196.jpg

まずしっかりしみこませます。
木目がはっきりしてきました。

しばらく乾燥させ、1時間ほどでふき取ります。

DSC_8206.jpg
裏面の木目もシンプルでいいかなと迷います。

今日はここまで。
翌日曜日、24時間後に中塗をします。

木香家、石塚さんは日本各地で世界から届く銘木を丸太ごと買い取ります。
その後製材して、家具をお作りになっています。

我が家で頂いた板の製材前を見せていただきました。
DSC_8222.jpg

この~木 なんの木 気になる木  の原木です。




作業後、木香家さんがカウンターを施行された常盤台の
-shot bar- On The Roadで乾杯。
OnTheRoad.jpg

DSC_8208.jpg

こちらのカウンター、アフゼリア材で、奥行き80cm 幅5mほど。
手をのせると木のぬくもりが伝わります。
マスターとの距離感も絶妙で何とも居心地がいい。
珍しい原酒や、カクテル、贅沢な時をすごしました。

DSC_8209.jpg

家の近くなら毎日通いたくなる、お勧めのバーです。

つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

無垢カウンターの仕上げ 後編
下塗り翌日

まー作業初日の夜は久々にしこたま飲みました。

ギネスに始まり、ラフロイグを数種飲み比べ、
貴重なニッカウヰスキーのカフェグレーンを頂き、その後も
見たことのないバーボンやシングルカスクを次々と。
0731_1_1la.jpg

女性陣はギネス後、タ-キーの飲み比べ、
桜色のショートカクテル、
金柑やイチゴのフレッシュカクテルを。

殻付きローステッドマカダミア、ピートでいぶしたピーナツなど
小粒でも主張のある奴らをつまみながら。

木香家の石塚さんにとっては、我が子のようなカウンター。
3時間を過ぎるのはあっというまでした。

そりゃ、2日酔いにもなりますわ。


重い頭を抱えながら、日曜日は車で工房へ向かいました。

今日はか~ちゃんが頑張って塗っています。
DSC_8213.jpg

昼まで寝ていた我々と違い、石塚さんは朝からお仕事。
夕方4時にもなればお疲れですよね。
遅くまでお付き合いいただき、済みませんでした。

中塗半乾燥後、ふき取るとこんな感じ
DSC_8217.jpg


ビフォー
DSC_8191.jpg
DSC_8189.jpg



アフター
DSC_8218.jpg


引っ越し後、このカウンターで使おうと思い、
神代杉のコースターを5枚ほど頂きました。
DSC_8219.jpg


写真だと、灰色がかった神秘的な表情が出ませんが、
一枚ものだとこんな木です。
DSC_8220.jpg


この後の一番難しい仕上げ塗りはプロにお任せし、
5月末ころに納入頂く予定です。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村


プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。