My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロゲンランプ
10年以上前、リサイクルやさんで買ったこの照明。

1DSC_9352.jpg

<か~ちゃん> ちょっと明るすぎよね

2DSC_9355.jpg


たしかに。

で、もう少し暗めの電球に変えようと思いました。

で、ハロゲンランプを抜くと、バキッと。
3DSC_9389.jpg

割れてしまいました。

まだこのときは量販店で、30w位のを買って、差し込めば済むものと思ってました。


はて、何ボルト?

4DSC_9387.jpg

手持ちのテスターを抵抗計のままあてて、オシャカにしてしまいました。
しかたなく、翌日ルンバでもらったポイントで、デジタルテスターを買ってきました。

で、DCで計るとエラー。

直流12ボルトを期待しましたが、はずれ。

ACにかえて測ると
えっ、なんと交流24ボルト?

聞いたこと無い。


5DSC_9388.jpg

こいつ、ドイツ製らしい。
配線は無く、シャフト自体が電流を伝える構造です。

ドイツOSRAMの交流24ボルト100ワットでした。

ネットで探しまくりましたが、既に製造中止。
手術器具用の150Wや、250Wは在庫を見つけましたが、
今よりもっと明るくなってしまいます。



1週間探して、イギリスで見つけました。

ドイツOSRAM製
接続 gy6.35
交流 24ボルトAC 50ワット

6DSC_9390.jpg


7DSC_9386.jpg

もう少し暗くてよかったんですけど、そんな電球は手に入りませんでした。

8DSC_9391.jpg

一時すべてLEDになった我が家ですが、
温かみや、色彩にこだわるところは
またフィラメントやハロゲンに差し替えてます。


輸入住宅で人気のスワロフスキー ストラス。

LEDではもったいない。

クリア電球、(あるいは蝋燭)の燃焼光を屈折させてこそ、
本来の美を引き出すのだと実感しました。


帰宅時に迎えてくれる光。

9DSC_9384.jpg

仕事の疲れを忘れさせてくれます。



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
コメント

電球1個にこんなドラマがあるとは!
イギリスからお取り寄せですか?
贅沢だぁ^^

うちはLED化に出遅れてます^^;
一時期より安くなったとはいえ、まだまだイイお値段しますしね。
パルックボウルを買いに行った時でさえ高い!と、
思っちゃったので、なかなかLED電球に手がでません。
が、電気代の明細を見るたび、心中複雑です(笑)
[2013/11/28 16:36] URL | ハニママ #K2Rmj1sE [ 編集 ]


ハニママさんへ

取り扱い商社の日本法人が横浜にあって、
イギリスから取ってくれました。
500円の電球の送料が500円くらい。
2センチくらいの電球を大きな箱で送ってくれました。

アーリーアメリカンには断然電球のほうが合いますね。
LEDの光は目に刺さる感じがします。
ガラス越しとかならいいんですけど。

最近では昔ながらの電球のほうが贅沢な嗜好品になりつつありますね。
お店にもいろんな種類は売ってないんです。
買いだめしておこうか、迷ってます。
[2013/11/28 18:04] URL | mako #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/131-2dc0e026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。