My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法234
ようやく間取り、構造などが固まり、
2012年9月8日にプラン確定となりました。

工藤建設の法の番人の社員さんと再会です。

間取り確定、構造の確認、段差、断熱材、着工時期の確認、
など、ハンコを押しながら確認していきます。


ここで問題発生。
駐車場間口の耐震補強柱が敷地境界から50cm を超えているため、
隣地所有者との間で「境界確認書」を作ってほしいと。

以前相談に行った、狭小住宅の匠氏は
 「そんなの所詮、民法の話、
   建築基準法に沿っていれば問題なし」

との姿勢とは対照的。

融通が利かないな、とか 頭カチカチだな、とも思いましたが、
そこはコンプライアンスの理念がしっかりした上場企業。
引渡後のトラブルまでを考えてのことなのでした。
施主の権利を保護する事に加え、
円滑な工事の遂行を確保し契約を順守するために
法の番人様はいらっしゃるのだな、と理解しました。


境界確認書の内容は、

《うちは民法第234条の第1項 に反して建てますよ。
でも第2項を主張して建築を中止させたり、変更請求しないでね。
今後ずーっと、お互いにそうしましょう。》

というものを法律用語で固めた書式。


おとなりは建てたばっかでメリットはないし、
所有資産の価値を軽減させるようなハンコもらうの、
大変だなぁ。


ちょっと気が重くなってしまいました。
面白いこと言って笑わせよう、と思っていたのに忘れてたし。


ま、S所長が付いているから大丈夫。
ついでに抜かれた境界杭3か所も打ってもらおう。

というわけで翌週土曜日、境界杭打ちとハンコ対策会議の為、
再度S所長に我が家に来てもらう約束をしました。



今日の支給品紹介 カウンター

mon1.jpg
モンキーポッドの2.4mの無垢カウンターを持ち込みます。

mon3.jpg
サラダ油で仕上げるとこんな感じに


この~木 なんの木 気になる木♪♪ の木だそうです。
mon4.jpg

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/21-9f4a1ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。