My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初訪問 
ネットで地下室付き木造住宅、施行可能会社を探しました。
大手は地下だけ専門会社に委託するケースがが多いよう。
おしなべて、高価なものになります。
坂の多い地方の工務店などもいくつかヒットしました。

検索当初から地下施工を最前面に出している工藤建設がヒットしました。
前身が工藤浄水工業所として浄化槽工事だそうで、
これなら土を掘るのは得意なのが納得できました。


『適正価格でつくる坪40万円からの地下室』

他の情報と比較しても結構魅力的。

我が家の想定坪数 X 40万円  = OOOOまんえん

お~、これならなんとかいけそーじゃ!
よし、住宅展示場を探そう、、、と思ったものの東京にも神奈川にも
どこの展示場にもない。よし、直接行こう。


その週末、フローレンスガーデン練馬ショールームに飛び込みで訪問しました。

neri1

neri2


nerisofa


このソファでアンケートを書き、しばらく待って初ご対面となったのが
我が家を担当してもらうことになった S所長なのでした。

つづく


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
コメント
初めまして!pikotanと申します。
他のフローレンス施主ブログにもお邪魔しているpikotanと申します。

昨年、都内にフローレンスガーデン練馬で地下室とルーフガーデン付の輸入住宅風を建てました。お仲間が増えて嬉しいです。

先般も、一年点検で営業と工事課の管理技士二名が来てくれて半日かけて点検・補修してくれた際に、ブログをしている施主さまのお話で盛り上がりました。

竹川さんが担当の施主様ブログはお邪魔しているのですが・・・もしかしたらサーフィンでコメント書かれた方でしょうか?

家を建築して良かったと思う事は、地階の過ごしやすさとルーフバルコニーの爽快感です。すでにご存じとは思いますが、先輩施主の『チワワinJapan』の記事が施工について
詳細な文章と画像を掲載してくださっているので、参考にされると安心度も違うと思います。

地下室の作り方は、パンフレットと違っていたのを知らずチワワ家の記事で営業と現場監督に確認したくらいです。

練馬は人員が少なくて、所長がプレイングマネージャーになっているような状況らしいです。真摯な対応をしてくれる会社ですが、云い忘れ等もあるので確認しながら進められるのが良いと思われます。

地形や場所にもよりますが、地階は採光の取り方で非常に居心地良い空間になります。
(実家は三階建てですが、三階の子供部屋は暑さ厳しいです)

どうぞ、素敵なお家が出来ます事を心より祈っております。
[2012/10/04 12:02] URL | pikotan #zC2.WDUU [ 編集 ]

pikotan様
先輩施主様のアドバイス、とても心強いです。
はい、「もしかして」は私でした。
地下室とルーフガーデン、うらやましい。
うちは処々の制約からともにあきらめました。
地下は玄関ホールだけ、GLはほとんど駐車場として使います。
なので地下室の家とタイトルできませんでした。

FGオーナー様のブログ研究はとことんしました。
とても参考になります。

FGS工法はうちのように敷地境界が50cmでは不可能だそうです。
そのうちオーナー感謝祭でお会いできると楽しいですね。
[2012/10/04 12:25] URL | mako #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/3-c087b57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。