My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tornado Shelter
着工93日目

上棟を終えたのですが、現場を見に行けない日が続いています。
予定では、この時期休んで現場を見に行くつもりだったのに、、、

引き渡しを終え、支払いが済み、確定申告が終わるころ
ようやく景気が上向くはずだったのに、、、

仕事が爆発してます。


アメリカ オクラホマの巨大竜巻による惨状が伝わってきています。
日本でも、津波や竜巻の悲しい被害があったばかりなので、
心が痛みます。
Oklahoma.jpg
気になる車がこんなことに。

天災は、地中からも、海からも、空からもやってくるのですね。
報道の中、地下室に逃げて助かったという人のインタビューがありました。



フローレンスガーデンではカナダで1年間研修を行い、
地震に強い構造であり、床面積1.5倍を実現できる

フルベースメントの地下室

を他に先駆けて日本に導入したのですが、


北米は日本ほど地震がなく、
都市部を除いて、広い土地に建てるので
無理に床面積を稼ぐ必要はないはず。


竜巻被害から身を守るために、フルベースメントが一般的になったという話を
聞いたことがありました。
TornadoHouse.jpg

パニックルームを作る家も。
panic.jpg


我が家のシェルターは25センチ厚のコンクリートの囲まれた
地下玄関です。
DSC_8223_20130522142643.jpg



上棟式後、横浜で支払い手続きを終え、
たまプラーザでハンバーガーを食べた後、
現場に戻ってみると、屋根工事が始まっていました。
DSC_8323.jpg

遠野地方を抜け出し、サーファーズハウスで見かけられた
http://surfershouse.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
伝説の生物、カッパがこの地に逃げ込んできていました。
copper.jpg



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
コメント
そういえば。。。
アベノミクスの影響で、予定してない繁忙期が到来されているのかしら?

それにつけても、痛ましい竜巻被害ですね<m(__)m>

ところで、

>竜巻被害から身を守るために、フルベースメントが一般的になったという話

高校留学でニューメキシコに行っていた我が家の長女、お世話になったホストファミリーも広大な庭があったのにもかかわらず地下室あったそうです。ランドリールームと大きな備蓄庫とビリヤード台があって、ホストブラザーの仲間達と一緒に遊んでいたらしいですが。

やはりフルベースメントは一般的なようです
(そういえば30年前に、知人の赴任先のNY郊外の高級住宅地でも1・2Fだけで20部屋あったのに地下室もありました。彼らは1Fの半分を借りてました)

私は、3.11で高層ビルが体をくねらせるように揺れているのを見てしまったので、地下室は絶対外せない条件となりました。
[2013/05/22 18:17] URL | pikotan #zC2.WDUU [ 編集 ]

コメントありがとうございます
日本でも地震の脅威のみならず、
竜巻も脅威となってるようですね。

異常気象のおかげで。

地下室には家族分の水、食糧を1週間分備蓄し、
ラジオや電池のテレビを置いておくと万全ですね。
[2013/05/24 12:38] URL | mako #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/80-1b61eb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。