My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全熱?顕熱?
着工107日

前々記事で我家の24時間換気は顕熱交換と書きましたが、
昨日、製本された設計図を眺めていると全熱交換器だったようです。

どちらも入れ替える空気の熱交換を行うのは同じなのですが、
違いは湿度(含むニオイ)を排出するか、戻すかの違い。

顕熱交換は、温度だけを室内に戻します。
湿度もろとも外気と交換するので冷暖房の電気代はかさみます。

全熱交換は温度に加え、湿度も(においも)室内に戻します。
夏は湿った外気を室内に取り込まず、
冬は乾燥した空気を取り込みません。


全熱交換の我家の排気吸い込み口は1F2Fともトイレの真上。
(それが一般的だそうです)

香り ごと1時間に数回全館を循環します。


両方の経験のある方に出会ったことがないので、
どちらがよいのかわかりません。
今回付いてる物のほうが良いのだろうと
思い込むことにします。

学生時代住んでいた部屋はワンルームだったので、1台でも全館空調。
今回は各階がワンルーム。
1階に小さめ2台、2階に大き目1台の個別エアコンをつけて
24時間換気で全館を循環させます。



今日の現場


軒先の施工、屋根の断熱材と構造材の間に空気を通す為の
通風孔が空いてます。
DSC_8371.jpg



屋根裏、勾配天井部の断熱材は95mm ネオマフォーム
DSC_8369.jpg


リビング天井も同じものです。
DSC_8368S_20130605114853.jpg
母屋下がりのこの部分、壁で隠すのが一般的で、耐力壁にもなるのですが、
部屋を筒抜けにするため、H設計士に工夫していただきました。

どう仕上がるかは、また後日。


玄関内部はコンクリートが増し打ちされてました。
DSC_8362.jpg


玄関ドアが搬入されてます。
DSC_8377.jpg


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/85-d0932a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。