My Small FlorenceGarden
工藤建設(フローレンスガーデン)で建てた2X6 フルベースメントの家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無垢床のヘリンボーン張り
着工126日

土曜日に見に行ってみると、2階LDKはだいぶ仕上がってきていました。

我家では床材をアメリカンオークの無垢材にしてもらってます。

オークといえばナラ(楢)やカシ(樫)の総称で、
アメリカの物はバーボンの樽に使われることでも有名。
昔はシェリー樽を使ったスコッチウィスキーも最近はバーボン樽の
2次利用が多いようです。

樫と言えばその昔、警棒の材料になったほど堅い木です。

靴で生活する国の床材なので、ピンヒールくらいではへこまないはず。
さて、猫の鋭い爪ではどうなることやら。

無垢材の良いところは、物により違う木目と、
同じ色なのに光の加減で違う色に見えるところ。

一枚一枚張っていくので、我家では部分的に
ヘリンボーン張り
を取り入れていただきました。
DSC_8404.jpg


このオークの床材、2階LDKはブロンズ色、下はガンストック色と、
フロアごとに色合いに変化をつけました。

2階は濃い床板に合わせ、窓の枠も濃い色にして、アンティーク風を狙ってます。
DSC_8407.jpg

勾配部分、母屋下がり部分に周り縁はつけません。
ドライウォール施工時の、壁と天井の接合を重視しました。

LDKのゆるいRの下がり壁もいい感じで出来ています。
DSC_8405.jpg

1階床は、今週かな。
DSC_8401.jpg



地下駐車場は天張り待ち。
1階ユニットバスの点検は地下駐車場から行います。
DSC_8408.jpg

地下コンクリート打ちっぱなし部分の電気配線は、
とある先輩施主(Jiroさん)のセンスに影響を受けまして、
金属パイプ&露出BOXでお願いしてみました。



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
コメント

ヘリンボーン張り、すごく素敵だと思います!
いつか我が家もそうしたい!と思う、憧れです^^

猫の爪の威力・・・どうでしょうね。
合板の我が家の床(特に階段)は、すでにキズだらけです^^;
[2013/06/24 10:41] URL | ハニママ #K2Rmj1sE [ 編集 ]


こんにちは♪
ヘリンボーン張りをされるんですね!!
ステキ×100ですっ!
恐れ多くてビルダーさんに見積もりしてもらうことすら出来なかった私です笑

全て完成後に拝見できること楽しみにしています。

同じくオークの無垢材を採用したんですが、先日ダイニングテーブルのマットを裁ちバサミで切ってるときに誤って大きな裁ちばさみを落としちゃったんです。

オークでもはさみの垂直落下には当然耐えれず、まだ入居前だというのに2mmほど刺さった跡が出来ちゃいましたw
[2013/06/24 11:36] URL | tiare* #- [ 編集 ]


コメント ありがとうございます。

うちの階段も合板です。
階段カーペットはいまだに模索中。
床も階段も、怪我さえなければ、傷OKにします。

後日書きますが、ヘリンボーンはほんの一部なのがお恥ずかしい限り。
なので、施工費値上がりもなかったのですが。

猫の爪は裁ちばさみほど堅くないけど
体重はハサミの数倍。

床、階段の傷も、一緒に暮らした歴史として保存するつもりです。
[2013/06/25 12:14] URL | mako #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://smallflorencegarden.blog.fc2.com/tb.php/90-c8e63e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mako

Author:mako
ウインドサーファー夫婦+猫3匹
小さな家を輸入住宅に建替えました。
猫ブログ(メルといくらとココ)は下から。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。